お問い合わせはこちら

東京 ☎03-3259-1511 メールでご相談>

大阪 ☎06-6292-1511 メールでご相談>




感動と興奮の極上サファリと心温まるウガンダ人とのふれあい。


ウガンダの最大の魅力はブウンディ国立公園で行うマウンテン・ゴリラのトレッキングを楽しめる事です。野生に生きるゴリラの生態を目の前で目にする事ができるチャンスがあるのは、世界的にも少なく、特に遭遇率も高いウガンダは世界中からの予約が殺到し、予約を取るのがまず旅の最初の難関です。参加人数に限りがあるからこそ、実際に出会えた時の興奮は言葉にする事ができないほど。冒険家になった気分でレンジャーさんと一緒に山道を歩くのは、旅人の心をくすぐる特別な体験です。ゴリラ以外にも、キバレ国立公園ではチンパンジー・トレッキング、クイーンエリザベス国立公園ではボートサファリやサファリドライブを、マーチンソンフォールズではサファリだけではなく滝の観光を楽しみながら多くの動物に出会うことができます。素朴な人柄のウガンダ人のやさしさに触れ、国立公園ではプライベート感一杯のサファリを楽しめます。

マーチンソンフォールズ国立公園ページトップへ>

マーチンソンフォールズ国立公園
Marchison
Falls
絶滅危機のキリンと出会える!
ウガンダ最大の国立公園。

ウガンダで最大の国立公園であるマーチソン・フォールズ国立公園は、5072平方kmの広さがあり、ナイル川の源流のひとつに数えられるマーチソン滝の近くに広がるサバンナで、ダイナミックなサファリが堪能できます。なかでも、絶滅危惧種にリストアップされた、地球上に野生のものは700頭しかいないとされるロスチャイルドキリンをはじめ、ライオン、ジャッカル、バッファロー、インパラに似たウガンダコーブ、ゾウ、カバなどといった多くの動物に出会うことができます。ロスチャイルドキリンはマサイマラ動物保護区のマサイキリンやサンブール動物保護区のアミメキリンと並ぶ3大キリンのひとつで、足の部分が白いのが特徴。野生のものは希少価値があるので、ぜひ見てみたいですね。


ヴウィンディ国立公園ページトップへ>

ヴウィンディ国立公園
Bwindi
National Park
ゴリラに会いに行こう!
世界遺産のヴウィンディ国立公園。

世界中のからの予約が尽きない場所。それがブウンディ国立公園です。ウガンダ=マウンテン・ゴリラと言ってもいいくらいウガンダ観光の最大のハイライトになる場所です。コンゴとの国境近くにあるため、国際線空港のあるカンパラからは途中宿泊1泊も含めて2日かけて向かうのがツアーでは一般的。宿泊施設は公園外のすぐ近くに点在していてロッジやテントタイプの宿があり、好みにあわせてリゾートタイプの高級テントロッジもあります。公園内には生活をしている村人達もいてトレッキングの途中で満面の笑みで声をかけてくれる子ども達にも癒されます。ゴリラの本当の鳴き声、食事の様子そこでリアルに生きているゴリラに会いにいきましょう。


キバレ国立公園ページトップへ>

キバレ国立公園
Kibale
National Park
トレッキング中自然のチンパンジーに
出会う!

歩いて動物を探す。これはサファリカーに乗ってサファリをするのとはまったく異なるすごくどきどきします。気分はジャングル探検隊。象の糞をみてもしかしたら、いきなり動物が出現するのでは?小さな物音でもピクリと動いてしまいます。どんな大人も童心に戻って冒険家の気分が楽しめるそんな喜びを感じられるチンパンジートレッキングを楽しめるのがキバレ国立公園です。細く長い木の枝の上を器用に飛ぶように動くチンパンジー、 写真を撮ろうとするとくるりと背中を向けられたり、かと思えば、じっとこちらを見つめて体をかきかき、1つ1つの動きに一喜一憂する人間達を楽しんでいるかのようです。ここでしか楽しめない感動があります。


クイーンエリザベス国立公園ページトップへ>

クイーンエリザベス国立公園
Queen Elizabeth
National Park
公園内に赤道が通る!
クイーン・エリザベス国立公園。

マーチソン・フォールズ国立公園と並んで、ウガンダを代表するクイーンエリザベス国立公園。ここではサファリドライブのほかに、クルーズのサファリも楽しみます。ゾウ、バッファロー、カバ、イボイノシシ、インパラにウォーターバックと動物も多いけれど、特筆すべきは鳥の種類の多さなのです。ウガンダはまさに鳥の楽園を言えるほど、バードウォッチングが楽しいところ。ガジンガ運河をボートサファリで巡ると、アフリカハゲコウの、ハタオドリ、フィッシュイーグルにアフリカ・トキコウ、エジプト・ガン、ダイサギ、カワウなどなど、数え切れないほどの鳥たちに出会えます。滞在する「ムウェヤ・サファリロッジ」の庭にはイボイノシシが遊びに来たりしてまた楽しみです。


ンガンバ島ページトップへ>

ンガンバ島
Ngamba
Island
ビクトリア湖に浮かぶ小島。

ウガンダにあるンガンバ島。これはビクトリア湖に浮かぶ小島で、親をなくしたチンパンジーたちが40頭あまり保護されている、いわばチンパンジーの聖域です。ビクトリア湖からボートに乗って約1時間かけて島に到着します。この島には120種類もの鳥が生息し、またワニも棲んでいます。餌付けタイムになると、森からチンパンジーたちが集まってきて、レンジャーさんが投げてやるバナナなどを食べるのです。子供に餌を分けてやったり、オス同士で激しいけんかをしたりと、チンパンジーの繰り広げるさまざまなシーンが見学できて、興味深いものです。


カンパラページトップへ>

カンパラ
Kampala
海抜1150mに位置する
近代都市カンパラ

19世紀に栄えたブガンダ王国の都カンパラ。丘の上にある街からはビクトリア湖が見下ろせます。世界遺産のブガンダ王の墓カスビ・トームも見どころの1つ。また、町の南西部にあるウィノ・マーケットでは市民の台所として食料品や雑貨など所狭しと並べられ、活気に溢れています。アフリカの中でも近代的な都市カンパラ、素通りしてしまうのはもったいない刺激的な町です。